年間9万円安!auから格安simへ乗り換え

投稿日:2018年11月30日 更新日:

スマホ代が高すぎて乗り換えを検討

現在スマホの代金が嫁と二人で毎月約2万円。

そのうち機種の代金が約2千円ずつなので合計約1万6千円。

 

たまたま、知らないうちに知り合いが格安simに変えていることを知り、私も検討をす
る。

色々な不安なことがあるので取りあえず店舗に出向き聞いてみることにした。

 

近くのショッピングモール内には「Y!mobile」「UQ mobile」がある。

 

あとで調べるとこの他にも色々と格安simを出している会社はあることを知る。

 

まあ、乗り換えることは最近では普通のようで、安くてサービスの良いところにどん
どん乗り換えている人も多いらしい。

 

確かにドコモとauは高い気がする。

Y!mobileに乗り換えで現金キャッシュバック【Yステーション】

auから格安simへの乗り換え不安点

注意ポイント

・現在使用している機種(GalaxySCV33)がそのまま利用できるのか。
・料金が安くなるのかどうか。
・現在使用している機種が壊れた場合、どのような機種に変更が可能なのか。
・電波状況はどうなのか。

以上でしょうか。

 

私は上記のことさえクリアできれば問題なかったのですが、のちのち調べていくと結
構いろいろな問題が出てくる場合もあります。

 

参考程度に下記にまとめて
みました。

 

Q1 格安simってキャリアと比べてどうなのか?
A1 通話ど速度が違う!3大キャリアとの大きな違いは速度です。格安simは回線をレンタルしているので、どうしてもキャリアと比べて低速になります。ただし、日常生活では十分に使えます。私も現在Y!mobileを使っていますが、全く問題ありません。ほかには無料通話プランが会社によって違いがあるので通話メインで利用する人は事前にプランをチェックしておこう。

 

Q3 MNP転出料に注意しておこう。
A3 MNP転出料は違約金とは別物です。格安SIMの中には最低利用期間なしや違約金なしと表記されているものがある。これを鵜呑みにして音声通話SIMを解約してはいけない。多くの格安SIMで違約金よりも高額なMNP転出料が設定されている。
Y!mobileの場合は確か最初の一ヶ月が2万円でそこから2年経てば0円になっていく。たいていは設定された最低利用期間の満期に向けて下がっていく。

Q4 LINEの年齢認証はできるのか?
A1 これは全く頭になかったのですが、実はほとんどのMVNOで不可能になっている。なので、友だち登録するときにはQRコードやふるふるを使うことになる。ただし、Y!mobileやLINEモバイルは年齢認証が可能だ。これも格安SIMを決めるときの決め手の1つになるのでは!

私はY!mobileなので問題なし!

Q5 SIMフリースマホって何?
A5 キャリアのSIMロックがかかっていないスマホです。このスマホであればどこの業者のSIMカードを挿しても使えます。基本的にはキャリアでは他社のSIMに差し換えても使えないようにロックがかかっています。手持ちのスマホをそのまま使おうと思えばSIMロックを解除しなければいけません。ドコモであればほぼすべて端末をそのまま利用することができます。auやソフトバンクではSIMロックを解除しなければいけません。だいたい、乗り換え先の業者がやってくれるのではないでしょうか。私の場合はauにたのめば3,240円で二人分必要でしたが、Y!mobileで無料えやってくれました。

また、iPhone XS / XS MaxでもすでにいくつかのMVNO事業者で動作確認が取れており、問題なく使用できるようです。

Q6 キャリアのポイントは消滅するのか?
A1 キャリア3社の回線を契約してもポイント消滅はなし!

 ドコモ=dポイント
 au=au WALLET
 ソフトバンク=Tポイント

これらのポイントはクレジットカードや店舗と提携しており、解約後も引き続き使うことができる。

Y!mobile VS UQ mobile

通話し放題プランや「2年縛り」などのキャリアににた部分がある2社だが、UQは縛りなしのデータ専用プランもある。

私は個人的に家の近くには上記の二つしかなく、その他の存在をあまり知らなかったため、商品券の3万円キャンペーンにつられてY!mobileにしてしまった。

Y!mobileはよりキャリアに近い。というのはY!mobileはソフトバンクのサブブランド的な位置付けのMVNOである。そのため、サービスも無制限通話通話し放題プランや2年縛りなどの部分がある。

私は電話もよく使うため、Y!mobileのほうがあっており、しかも、auより電波状態が改善されたことには驚いた。

私が選んだプランは以下の通り!

スマホプランM(月々の高速データ通信容量が9GB・通話は10分以内であればどこにかけてもかけ放題)

Y!mobileの評判を見てみると最初にいろいろなオプション的なものを強烈に薦められたというものを聞いたが私はそんなことはなかった。むしろこれはいらないと思いますとかで最初に入らなければいけないenjoyパックぐらいだった。しかも、一ヶ月したら外してくださいとと商品券の引き換え券にわざわざ記入してくれたぐらいだ。やはり店舗の営業マンによるのかな。

その後の調べでmineoという業者も見つけた!
ここは使いやすさ抜群で万人受けするSIMらしい。充溢したサポートのほかにも、安定した通信速度は、過去数回の家電批評の雑誌の検証で実証されたようである。また、3キャリアの回線をフォローしているため、乗り換えやすいようである。

Y!mobileへ乗り換え後の料金比較

結局au解約時にかかったお金が
MNP予約番号発行手数料=3,240円×2
au解約違約金=3,240×2(長く使っていたので思ったより安かった。)

あとは
契約事務手数料=3,240円×2
月々料金=3,218×2
enjoyパック(初月のみ)=500円×2

ということで約半額になりました!

ちなみに商品券を3万円分のところを5万円分いただいたので、機種台の残りにあてます。

年間で約96,000円のお得です。

もっと、やはく変えておけばよかった(笑)

Y!mobileに乗り換えで現金キャッシュバック【Yステーション】

さらに安いスマホが登場

楽天モバイル

■番号乗り換えも可能 他社からのお乗り換えも携帯電話ナンバーポータビリティ(MNP)で番号はそのままお使いいただけます。

■契約期間の縛りなし 最低利用期間がなく、解約時にも契約解除料はかかりません。スマホのSIMロックもありません。

■通話かけ放題 Rakuten Linkアプリご利用で、無料で国内通話かけ放題、SMSも使い放題です。

■料金プラン ★★先着300万名対象でプラン料金一年無料★★ 楽天回線エリアなら完全データ使い放題で月額2,980円(税抜)。 ※パートナー基地局に接続時はデータ容量5GB/月 海外66の国と地域でも無料で月2GBまで使えます。 ※パートナーエリア、海外66の国と地域の容量は使い切ってもチャージ可能。  翌月のデータ繰り越しはありません。

■楽天のサービスだから超お得! 楽天モバイル契約で楽天でのお買い物でもらえるポイントが+1倍!

楽天モバイルの詳細はこちらキャンペーンLP ※期間中限定




 

広告

Copyright© Ocean Blue , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.